奈良県「いのちの教育展開事業」連携協定事業

Knotsの事業

自分を含めたあらゆる「いのち」に共感し、尊重する心を育む

奈良県「いのちの教育展開事業」連携協定事業について —アジア型ヒューメインエデュケーションの構築

奈良県が取り組んでおられる、「いのちの教育」展開事業。日本最初の国際都市であり、聖徳太子の時代から人造りに高い見識で取り組み、教育に真摯な姿勢を持ち続ける奈良県は、現在でも教育の分野で高い評価を受けています。欧米では、ヒューメインエデュケーションと呼ばれる、共感力やおもいやりを育む教育がありますが、奈良県では、日本人が長い歴史の中で培って来た感性との相違も鑑み、新たなアジア型ヒューメインエデュケーションとして、「いのちの教育」プログラムへの取り組みを進めておられます。

Knotsは、2012年6月より奈良県と連携協定を締結し、共に「いのちの教育」の普及を推進しています。

また、当法人の代表理事は奈良県「いのちの教育」研究協議会 副会長としての職責を頂き、「いのちの教育」プログラムの研究及び情報収集・発信にも取り組んでいます。

奈良県「いのちの教育展開事業」概要

【背景】
近年、子どもを取り巻く社会や自然の環境が大きく変化してきています。その結果、動植物をはじめとする自然に、直接触れたり関わったりする経験が極めて少なくなってきていることや、生命の尊さを実感することができにくいという状況が生まれてきています。一方、特に小学校の教科等においては、文部科学省学習指導要領でも、生命に関する学習活動や他者への理解や思いやりの心を醸成する道徳教育を充実することも求められています。この教育課題を踏まえ、「自分を含めたあらゆるいのちを尊重し、愛し、共感する」教育へのアプローチとして、最も子どもが心を開きやすい「動物・自然」をモチーフとした手法は、子どもとあらゆる「いのち」とをつなぐ効果を期待されています。
また、このプログラムでは、張り子の動物を使用します。これにより、以下の課題が解決されています。

1)動物や毛へのアレルギーを持ったお子さんの参加
2)動物福祉の観点からの動物への負担
3)「人間の為なら動物は我慢させても良い存在」という誤った教育メッセージのリスク

【うだ・アニマルパークの「いのちの教育」】
私たち人間は、地球上に暮らす多くの生き物との関わりの中で生きています。うだ・アニマルパークで実施している「いのちの教育」プログラムでは、私たちと動物との関わりに気づき、動物にも感情や要求(ニーズ)があるということ、動物の「いのち」が私たち人間と同じであることを感じ、それぞれの動物の「いのち」がよりよく生きるために私たちがどのような責任を負い、果たすべきなのかを考えます。
本プログラムを通じて、私たち人間があらゆる「いのち」に共感し、「いのち」を大切にしようとする心を育む教育を目指します。

➀ ねらい
• 動物への思いやりを深め、「いのち」の大切さを実感させる。
• 他者との関わりを深めながら、情操を豊かにする。
• 野生動物を含む自然環境の保護についての意識を高める。

➁ 内容
• 対象者の年齢や習熟度に応じ、「いのちの教育プログラム」を軸とする学習プログラムを提供する。
• 「いのちの教育プログラム」に関わる研修会・講演会の実施や、取組の成果・研究発表などの情報を発信する。

➂ 効果
• 他者へ共感する感性と自他の生命を尊重する態度の育成
• 思いやりや協調性、道徳的心情などの豊かな人間性の基盤の構築
• 社会的規範意識の醸成及び向上

うだ・アニマルパーク振興室
リンク先:https://www.pref.nara.jp/1839.htm

関連する活動報告

2021年度

2020年度

2011年度

2010年度

2009年度

2008年度

2007年度

2006年度

2005年度

2004年度

2003年度

2002年度

2001年度

2000年度

1999年度

1998年度