ずっと一緒に居ようよプロジェクト

Knotsの事業

「ずっと一緒に居られる社会」に向けて

飼い主さんの頑張りだけでは解決できない数々の問題への備えを、一緒に考えていきませんか?

『ずっと一緒に居ようよ』

大切な家族に迎えた時、私達がペット達に掛けた言葉です。終生飼養の責任として求められてもいます。でも、それが自分一人の力では何ともならなくなった時、支えるシステムがあっても良いのではと考えます。

例えば、人生の最後に、最後の時間を共にするペットを看取りたいという願いは、「自分の力不足から叶えられないかもしれない」という不安は、誰もが漠然と抱きます。それを支えられるシステムがあったとしたら。人生の最後を、人にもペットにも素敵な満足感と共に迎えて頂くことができたら。引き取り理由のひとつに、飼い主さんの高齢化が増えてきているという統計の後ろに、沢山の切ない想いが隠されているように思います。人もペットも最後まで幸せな社会に向けて、私達にも、未だできることがあるはずです。

『ずっと一緒に居ようよ』プロジェクトでは、緊急災害時の支援をきっかけに、『ずっと一緒に居られる社会ってどんなん?』という想いに至りました。緊急災害時の飼い主さん支援活動と共に、この課題にも取り組んでいけたらと思います。

論文「伴侶動物との暮らし」を活用した 「高齢者が幸せに暮らせる社会システム」の提案」

関連する活動報告

2022年度

2021年度

2020年度

2019年度

2018年度

2017年度

2015年度

2014年度

2009年度

2008年度

2007年度

2006年度

2005年度

2004年度

2003年度

2002年度

2001年度

2000年度

1999年度

1998年度