りぶ・らぶ・あにまるず賞 2018

推薦する企業を明記の上、皆さんのご意見を専用フォーム又は
FAX:050-3730-0738でKnots事務局までご応募ください。


皆さんが日頃「助かったな」とか、「これいいな」と感じていらっしゃることをお知らせください。
ノミネート頂いた皆さんの中から、株式会社JTB国内旅行企画西日本事業部 様より、1名様に素敵なプレゼントを差し上げます!!

―ノミネート推薦フォームはこちら―

ノミネート推薦は、2018年3月末をもって終了しました。

りぶ・らぶ・あにまるず賞2018の詳細

■名称: 『 りぶ・らぶ・あにまるず賞2018』
■目的: 人と動物の共生の為の商品や企業活動を高く評価すると共に、感謝の気持ちを伝えます。
また、このような賞を設けることにより、一般の方々の関心も高まり、各関係企業が、動物愛護法の趣旨を尊重し、その商品及び活動へ、人と動物の共生という視点を反映され、日本における新たな共生文化へ発展することを期待します。
■対象: 人と動物の共生へ尽力する企業の商品及び活動
■対象期間: 2017年9月1日~2018年3月31日
■選出方法 公益社団法人Knotsサイト上で公募意見により企業活動をノミネート。
選考委員による投票にて最終決定。
■選考委員 横山 章光氏 (あいわクリニック 院長・精神科専門医)
児玉 小枝氏 (フォトジャーナリスト/どうぶつ福祉ネットワーク代表)
西田 孝廣氏 (六甲山観光株式会社 取締役)
星  信彦氏 (神戸大学教授・獣医師)
冨永 佳与子 (公益社団法人 Knots 理事長)
■発表 2018年 「りぶ・らぶ・あにまるずフェスティバル」 にて
(2018年6月10日(日) 六甲山カンツリーハウスにて開催)
■主催 公益社団法人Knots

 

りぶ・らぶ・あにまるず賞2018 ノミネート一覧

1 「大東建託」いぬとくらす・ねことくらす ウェブサイト
推薦理由  ペット可の賃貸物件は、未だ未だたくさんあるというわけにはいかないが、動物たちと暮らすことをとても前向きに捉えていて、快適に暮らすグッズの紹介などもしてある。

プライベートでもネコと幸せに暮らしておられた大杉漣さんが出演していた猫のキハチが家族を見守るようなCMは、本当に、動物との何気ない幸せな日常を、皆さんに見せて下さったと思います。
大杉漣さんが亡くなられたからか、Webサイトには、もうCMは、掲載されていませんが、大杉蓮さんのご自身の猫ライフとも重なって見えて、このようなCMを作る会社なので、Webサイトも、ペットを飼っている人の幸せを考えて作成して下さっているのかなと思います。
ペット可は、条件のひとつという掲載は普通になりましたが、ペットとの暮らしを楽しいものとして掲載して下さっているので、推薦します。

  ■推薦受付日:2017/3/20  ■推薦者:S 様

 

2 積水ハウス の犬のCM  「また、ここで・・・」篇
推薦理由 ペットの老いは、誰もが直面することで、私自身も4頭のわんことの別れを経験し、5頭目も14歳になり、ボケも出てきており、介護の毎日です。。。

そんな中で見たこのCMは、心にしみました。
ペットと暮らす皆さんにも、きっと、経験があることと思います。。。

  ■推薦受付日:2017/3/20  ■推薦者:S 様

 

2016年度 りぶ・らぶ・あにまるず賞 受賞者はこちら
2015年度 りぶ・らぶ・あにまるず賞 受賞者はこちら
2014年度 りぶ・らぶ・あにまるず賞 受賞者はこちら
2013年度 りぶ・らぶ・あにまるず賞 受賞者はこちら
2012年度  りぶ・らぶ・あにまるず賞 受賞者はこちら
2011年度  りぶ・らぶ・あにまるず賞 受賞者はこちら
2009年度   りぶ・らぶ・あにまるず賞 受賞者はこちら
2008年度 りぶ・らぶ・あにまるず賞 受賞者はこちら
2007年度 りぶ・らぶ・あにまるず賞 受賞者はこちら
2006年度 りぶ・らぶ・あにまるず賞 受賞者はこちら
2005年度 りぶ・らぶ・あにまるず賞 受賞者はこちら
2004年度 りぶ・らぶ・あにまるず賞 受賞者はこちら
2003年度 りぶ・らぶ・あにまるず賞 受賞者はこちら
2002年度 りぶ・らぶ・あにまるず賞 受賞者はこちら
2001年度 りぶ・らぶ・あにまるず賞 受賞者はこちら
20世紀の りぶ・らぶ・あにまるず賞 受賞者はこちら