お知らせ

NEWS

2015.06.01

第4回 神戸 すべての生き物のケアを考える国際会議2015 —ICAC KOBE 2015 ポスターセッション04

[include-page id=”27789″]

 

ポスターセッション《発表要旨》

 

Daluthgamage Patsy Himali Wijesekera (Department of Advanced Pathobiology, Osaka Prefecture University)

「がん細胞へのサイトカイン遺伝子の導入による抗がん免疫反応の増強」

 

 

がんは世界中において主な死因の一つです。これまでにがんに対する治療が発達してきたにもかかわらず、死者の数は増え続けています。がん免疫治療は、がんと闘う患者自身の持つ免疫機能を強化するもので、樹状細胞(dendritic cell、略してDC)と呼ばれる細胞を用いて、がん細胞を攻撃できる免疫細胞に育てようとするものです。最近、がん治療においては、がん細胞のみでなく、それを取り巻く「環境」が重要であることが明らかになりました。今回、私たちは、このDCが働き易い環境を作り出すことを目的として、DCや免疫細胞を活性化するサイトカインであるインターフェロンガンマ(IFNγ)の遺伝子をがん細胞に導入してがん細胞自身から分泌させることを行いました。その結果、IFNγを分泌するようになったがん細胞では、DCやその他の免疫細胞の攻撃能能力が飛躍的に増強されました。本方法は、人や動物のがん免疫治療を改善できるものと思われます。