「第20回 りぶ・らぶ・あにまるずフェステイバル2020」わんちゃん大運動会&ゲーム大会の報告

【事業概要】
■ 名称:「第20回 りぶ・らぶ・あにまるずフェステイバル2020」わんちゃん大運動会&ゲーム大会
■ 日時:2020年10月25日(日)10:00〜16:00      
■ 場所:六甲山カンツリーハウス

■ 主催:六甲山カンツリーハウス/公益社団法人Knots
■ 共催:神戸市動物愛護協会

■ 開催主旨  
動物と暮らすためには、ケア、しつけ、マナー、法令遵守など飼い主としての様々な責任を果たすことを求められます。そして、その責任を果たした先に動物との楽しい暮らしがあります。動物と暮らす楽しさ、素晴らしさを多くの方に実感して頂くことは、日々の暮らしを、より豊かなものにし、ひいては、人々そして動物たちの「幸せ」につながります。
そこで、人と動物の間にある多様な絆や動物と暮らすことの楽しさを実感して頂くために動物に関わる団体の皆様にご協力頂き、ドッグスポーツ大会やゲーム大会、動物を飼うというのはどういうことかというまちがい探しクイズなどを行い、愛犬と終日楽しく過ごして頂けるイベントを実施致します。

■ 賞品提供
・ネスレ日本株式会社ネスレ ピュリナ ペットケア
・株式会社セラヴィリゾート泉郷

■ 開催内容
・ちょ~初アジ(タイムトライアル)
・その線まで…持って来て大会
・30m走(タイムトライアル)
・宝探しゲーム
・まちがい探しクイズ


【当日の様子】
2020年は、年明けとともに新型コロナウイルスの感染拡大に翻弄された1年となりました。六甲山カンツリーハウスでのドッグラン事業も、感染拡大の様子を見ながらの開催となり、春の部ではディスクドッグ練習会やアジリティ体験会、愛犬との絆教室が中止となり、かつて経験したことのない状況の1年間となりました。

そんな中で開催された10月25日の「第20回りぶ・らぶ・あにまるず フェスティバル2020」ワンちゃん大運動会&ゲーム大会。第二波の感染拡大が少し落ち着いてきた頃に開催され、これまでの我慢を吹き飛ばすかのような素晴らしい秋晴れの天候に恵まれた一日となりました。各競技のエントリーも事前予約の段階で満員御礼となり、一緒に愛犬と共に外で楽しみたい!という願いが伝わってきました。

当日は、受付やグッズ販売等のスタッフとして、大阪ECO動物海洋専門学校の学生さんも研修でお手伝いをしてくださり、一緒に会場の雰囲気を盛り上げてくださいました。

■開会式
主催者を代表して、六甲山カンツリーハウスの富田園長からご挨拶がありました。今年は、新型コロナウイルスの影響でさまざまなイベント開催に影響がありましたので、この日の快晴の中でも大運動会の開催は、参加者の皆さまと共に主催者にとっても感慨深いものがあったそうです。共催の神戸市動物愛護協会様からは事務局の今田さんからご挨拶がありました。残念なお知らせではありますが、終戦直後に発足して70年の歴史がある神戸市動物愛護協会は今年度末をもって解散ということになりますので、共催としてご協力いただくのは今回が最後ということになります。これまで各地で開催してきた動物愛護フェスティバルや運動会などにご協力をいただいていきましたことに、心より感謝を申し上げます。
開会式の後に競技の開始となりますが、この日、会場で採点やジャッジを行って下さるのは日本フリスビードッグ協会(JFA)兵庫支部の皆さんです。JFA兵庫支部代表からルールの説明をしていただき、競技の開始です。

■ちょ~初アジ(タイムトライアル)
本格的なアジリティに参加するのはちょっと自信がない、もしくはまったくやったことがない…というワンちゃん&飼い主さんでも気軽にご参加いただける競技です。スタートからゴールまでのタイムトライアルですが、クリアできない障害はパスしてもOKです。愛犬と一緒に駆け抜ける飼い主さんの姿を記録に残そうと、多くの皆さんが写真や動画で撮影をしておられました。本格的なアジリティに挑戦するための最初のステップには最適な競技です。

■その線まで…持って来て大会
名前のとおり、ワンちゃんがお気に入りのおもちゃを飼い主さんが投げて、それをくわえて持って帰ってくるという競技です。距離が長ければもちろん高得点ですが、地面に落ちる前のダイレクトキャッチやジャンピングキャッチは更に得点が加算されます。広い場所で走り回れるのが嬉しくて、おもちゃをくわえたまま脱走したりなかなか帰って来なかったり、途中でおしっこをしてしまったり…とハプニング続出ですが、その姿もほのぼのしていて会場の雰囲気を和ませてくれていました。

■30m走(タイムトライアル)
30mの距離を飼い主さんと一緒に、もしくはワンちゃんだけで走り抜けるタイムを競うシンプルな競技です。小さなワンちゃんでもものすごく足が速い子もいて、会場からは驚きの声があがっていました。全力で愛犬と一緒に走るお父さんと、ゴールで「おいでー!」と声をかけるお母さんと子どもたち…など、家族一緒に六甲山での一日を楽しんでおられる姿が印象的でした。普段、なかなか全速力で走るスペースがないワンちゃんにとっても、楽しいひと時だったはずです。

■宝探しゲーム
当日参加申し込みOKの競技で、タイムや得点を競うものではありません。かぼちゃ型の入れ物の中からクッキーが入った器を見つけることができたらビンゴ!見つけたワンちゃんにはクッキー、飼い主さんには抽選でのダブルのプレゼントがある楽しいゲームです。

■まちがい探しクイズ
希望の方に無償で配布されたクイズですが、さまざまな場面での人と動物の関わり方を見て、適切な接し方や注意すべき点などを学ぶための教育ツールです。神戸市をはじめ、さまざまな自治体や民間の団体でも使用されている教材で、楽しみながら適正飼育についての知識を得ることができる内容になっています。

■閉会式
各競技の上位入賞者への表彰と副賞の授与式&恒例のじゃんけん大会です。競技へのエントリーが多かったため、終了時間にはすっかり日が陰り始めていましたが、楽しい時間を愛犬とともに過ごすことができました。プレゼントをご提供くださった皆さま、ありがとうございました!


各競技の入賞者は以下のとおりです。おめでとうございます!

・ちょ~初アジ(タイムトライアル)
優勝 :福田泰子さん&雅茶ちゃん
準優勝:渡邉純子さん&こばとちゃん
3位:牧野一登さん&ららくん


・その線まで…持って来て大会
優勝:長澤奈々さん&ぴのちゃん
準優勝:谷光智弘さん&空太ちゃん
3位:牧野一登さん&るるくん


・30m走(タイムトライアル)
優勝:梅田弥江さん&ジュールちゃん
準優勝:西村孝仁さん&jeudi(ジュディ)ちゃん
3位:篠田真理さん&天ちゃん


・園長賞
古城花央梨さん&エルちゃん