「義犬華丸」367回忌法要 報告

● 日時:平成29年6月17日(土)14:00 – 15:00
● 場所:萬歳山本経寺(長崎県大村市)

 華丸は、大村藩の家老である小佐々市右衛門前親(あきちか)の愛犬であり、前親が殉死した後の火葬の際、火に飛び込み亡くなったとされています。2年ごとの法要も3回目を迎えました。ファイル 2017-06-27 7 22 50

 関係者だけの法要ですが、この日は、NHKの人気テレビ番組「日本人のおなまえっ!」( 司会:古館伊知郎・毎週木曜 午後7時30分放送)で、遂に「ペットの名前特集」(NHK総合 8月31日(木) 午後7時半から放映)があるということで、番組スタッフも来訪、当日の地元テレビの取材の方もおられ、関心の高さが伺われます。

 飼い主の小佐々市右衛門前親(あきちか)と華丸の墓前での法要は、明るい日差しの中、本教寺のご住職により厳かに行われました。

 

ファイル 2017-06-27 7 26 23 法要後は、華丸の記念碑の方へ場所を移し、歓談と番組撮影が行われました。8月に放映とのことですので、楽しみです。

 番組のスタッフの方のお話を伺っていると、昔の人も、家族の一員として、伴侶動物を大切にし、一緒に楽しく日々の暮らしを過ごしていたのだなと思いを馳せることができました。人と伴侶動物の関係は、時代時代の飼養環境や常識は異なっても、心の深い部分は、ずっと続いているものなのかもしれません。 

 

 

  • 2016.1.10  『支えあう人と動物、第1回「華丸セミナー」報告』 は こちら
  • 2015.6.20-21  『「義犬華丸」365回忌顕彰記念行事 報告』 は こちら
  • 2013.5   『義犬・華丸 供養祭(363回忌)報告』 は こちら