Knots “ALOOHA CLUB”

AloohaClub-rogo

ハワイ語の中で最も知られた言葉『ALOHA』。
日常の中で挨拶代わりに使われるこの言葉は、以下のそれぞれの頭文字です。

A=AKAHA (思いやり)  L=LOKAHI (調和)  O=OLU (喜び)
H=HA’ AHA’ A (謙虚)  A=AHONUI (忍耐)

「Knots ALOOHA Club」は、思いやりに満ちたALOHA の精神に、「喜び」の「O」の文字を加え、「幸せを2倍にしよう!」 との想いを込めて名付けられました。同じこの星に暮らす、人を含む全ての動物が、より大きな喜びを感じながら、幸せに暮らせる社会づくりに、会員の皆様とともに取り組んでいきたいと考えています。

■ 会員一覧 (敬称略・順不同)

【法人/動物病院】

dakutari-ah

株式会社ダクタリジャパン

akasaka-ah

赤坂動物病院

rokkosan

六甲山観光株式会社

 

ausonpo

au損害保険株式会社

 

kuzunoha

くずのは動物病院

nichirec

株式会社ニチレク

DSphama

DSファーマアニマルヘルス株式会社

sun-han

サン・クロレラ販売株式会社
ペット用はこちら

 

【個人会員】

K.K (東京都江戸川区)
T.O (大阪府四条畷市)
M.Y (大阪市淀川区)
J.S (大阪府和泉市)
R.N (兵庫県宝塚市)
K.S (大阪府泉佐野市)
Y.K (東京都千代田区)
K.M (神奈川県川崎市)

 

―阪神・淡路大震災の経験を、人と動物の幸せな未来へ―

 阪神・淡路淡路大震災から20年…。あの時初めて、様々な「伴侶動物と暮らす」ことの難しさに直面し、狼狽した飼い主のひとりであった私達。「人と動物は一緒に居られる方が良いよ」と、伴侶動物と一緒に居られる素晴らしさをご理解頂くべく、人と人、人と動物を結ぶ「結び目(Knots)」として動き始めました。
 震災当時、海外の記者が、神戸は「神の扉」という名前の街と伝えていました。震災後、私達の前にも扉は開いていき、人獣共通感染症、災害時の同行避難、子ども達や高齢者との関わり、教育、食の安全、農業被害に野生動物の保護管理、生命科学と、「人も動物で、動物の問題は、人の問題」ということを知ることになりました。世界では、「One World, One Health」として、生態系の健康がいわれるようになりました。
 阪神・淡路大震災15年を契機に、「いのち」に対する人間の責任をテーマに設置された国際会議 ICAC KOBEでは、「いのちに対する責任」とは「お互いの存在に感謝し、生きている限りは幸せであること」となっています。震災から20年、私達が辿り着いた想いは、「ひとつの豊かな地球は、ひとつひとつのいのちの幸せをつないでできる – One World, One Life」
 「本当に豊かな地球にみんなで暮らす為に、私達も、喜びや幸せをたくさん創っていけば良いんじゃないか」
 そんな楽しい事業をたくさん創っていく為に、先ずは、Knots賛助会員を“Alooha Club”と名付け、この想いを共有して下さる皆様にご協力を頂き、勉強会やチャリティーゴルフ等の催事開催も含め、顔の見える支援、楽しんで交流できる支援を創っていければと思います。
 皆様のご入会を、心よりお待ちしております。

■ Knots ALOOHA CLUB 概要

会  費
  • <入会金> なし
  • <年会費> 法人 1口 50,000 円 / 個人 1口 10,000 円
 会員特典
  • メールマガジン送付
  • あったらいいなシリーズの卸価格での購入
※ あったらいいなシリーズは、障害者自立支援事業/野生動物有効活用事業で製造・販売を行っている、ワンちゃんのおやつの名称です。
 入会方法
  • 当面は会員または関係先のご紹介のみとさせて頂きます
  • ご案内、振込用紙、税額控除証明書(個人のみ)をお送りし、年会費入金のご入金をもって入会とします。
 そ の 他
  • 会員名簿はホームページ上で公開します。(個人会員は希望者のみ、 法人会員はバナー等)