六甲山カンツリーハウス わんわんドッグフェスタ2014 ワンちゃん大運動会秋 報告

■開催日:平成26年11月9日(日)11:00~15:30

■開催場所:六甲山カンツリーハウス内特設会場

■主  催:六甲山カンツリーハウス

■運営協力:公益社団法人Knots

■協  力:日本フリスビードッグ協会 兵庫支部阪神警察犬訓育所

■ 賞品提供:日本フリスビードッグ協会 兵庫支部六甲山カンツリーハウスDOG PAPA

 

 

 毎年恒例の六甲山ドッグラン事業の1年間の締めとなる「六甲山カンツリーハウス・ワンちゃん大運動会・秋」が、紅葉が美しい季節に開催されました。残念ながら、この日は1週間ほど前から雨の予報があったとおり、シトシトと降る雨に見舞われた天候となりました。しかし、多少の雨ぐらいだと決行されることが慣例ドッグスポーツ。幸い標高の高い六甲山にも関わらず、気温は比較的温かいので助かりました。参加者の皆さんはこうした天候には慣れたもので、人間・ワンちゃん共々、レインコートや防寒着で対策は万全です。

 「雨の日の運動会!?」と思いきや、小雨の降る中、芝生の上に張ったテントでくつろぐのは、なかなか粋なものです。参加者の皆さんは、そういった楽しみ方もご存知なのかもしれません。

 

公園内の紅葉

レインコートを来て集まってくれました

雨の中のテントもなかなか良い感じです

六甲山では、スキーシーズンに備えて人工雪の準備

 

■ 開会式

 まず、午前11時の開会式です。さすがにちょっと参加者が少ないので寂しい感じですが、裏を返せば、この広い芝生の広場を少人数で心置きなく使うことができるチャンスでもあります。公益社団法人 Knots理事長・冨永の挨拶の後に、六甲山カンツリーハウスの園長・上田氏からご挨拶を頂きました。
 六甲山の「ワンちゃん大運動会」では、人間と犬が一緒に過ごす時間を楽しむということに重点が置かれており、ビギナーの方でも積極的に参加できるような競技が設定されています。この日のジャッジはJFAフリスビードッグ協会兵庫支部長およびKnots代表理事の八木、そして、六甲山ドッグランの安全をいつも専門的な立場から管理して下さっている、阪神警察犬訓練所の本橋さんです。

 

防寒対策ばっちりの冨永理事長

六甲山カンツリーハウスの上田園長

JFA兵庫支部長の八木さん

阪神警察犬訓練所の本橋さん

 

 

■ 持って来て大会
 まずは恒例、「持って来て大会」。これは、ワンちゃんが好きなおもちゃを飼い主さんが投げ、それを持って帰って来るだけのシンプルな競技です。高得点の遠距離を持って帰って来るのか、それとも近距離を何度も持って帰ってポイントを稼ぐのか、そういった駆け引きを楽しむことができます。この日は、足の早いワンちゃんが水しぶきをあげながら走る姿が、とても凛々しく見えました。

 

DSC_0144 DSC_0185
DSC_0159 DSC_0150
DSC_0118 DSC_0181

 

 

■ ギャンブラー・アジリティ(ビギナー〜ノービス)
 六甲山ドッグラン・オリジナルルールのギャンブラー・アジリティ。普通のルールでは、やはり経験豊富なペアが絶対的に有利なので、誰にでも入賞のチャンスが生まれるように、この競技では通過するとマイナスポイントとなってしまう障害を設けています。いったいその障害がどれなのかは、ジャッジの本橋さんしか知りません。障害をたくさんこなしても、逆にそれでマイナスポイントになってしまうかもしれないのがこの競技のおもしろいところです。

足の短いダックスや長毛のワンちゃんはすっかり泥だらけになっていましたが、遊びたい一心の彼らにはそんなことは関係ありません!

 

■ ちょ〜初アジ
 アジリティと言えば、敷地の中にたくさんの障害物が設置されているので、そういった本格的な競技に参加することに躊躇される飼い主さんもおられます。でも、「我が家のワンコには実は才能があるかも!?」「一度やってみたいな」と思っておられる飼い主さんも少なくありません。そういったご期待に応えるのが、この競技です。

 「ちょ〜初アジ」という名の通り、全くの初心者を対象とした競技ですので、もちろん上手くいかなくて当たり前。でも、何度も飼い主さんと共にトライしている姿は、見ている我々を笑顔にさせてくれます。逆に、意外な我が子の才能に気がつき、その後、本格的なアジリティに挑戦する切っ掛けとなるペアもおられます。

 

DSC_0206 DSC_0218
DSC_0297 DSC_0314
DSC_0325 DSC_0437
DSC_0440 DSC_0322

 

■ 30m走
 最もシンプルな競技の30m走!飼い主さんと共に30mを走り抜けるだけの競技ですが、ある意味、オリンピックの100m走が花形であるように、シンプルな分だけ一番盛り上がる競技でもあります。もちろん飼い主よりもワンちゃんの方がずっと走るのが早いのですが、こうして全力で走る機会は日常生活ではなかなかありませんので、飼い主さんにとってもこの競技は新鮮なのかもしれません。

 

 

■ 表彰式
 小雨が降ったりやんだりの天気でしたが、競技の終盤には雨がやみ、表彰式のときには六甲山特有の霧がモクモクと出始めました。山の斜面から流れ落ちるように立ち込める霧は、とても幻想的な風景です。受章者の皆さんにとっても、これは忘れられない大会となったことでしょう。

 

■ じゃんけん大会
 さらに霧は濃くなり、辺り一面が真っ白に!霧が立ち込める中でのじゃんけん大会は、この雨天の中での運動会の締めくくりとして、おもしろい演出でもありました。参加人数が少なかった分だけ、景品をもらえるチャンスが高くなるのも雨の日の特権です。

 

豪華な商品がたくさん

霧の中でのじゃんけん大会

長谷川等伯画伯の松林図のような風景

受付係のサクラちゃんお疲れさま!

 

 この日をもちまして、2014年の六甲山ドッグランは終了です。これから春までの間、六甲山はウインター・スポーツの場となります。この春にドッグラン入場者数が5000頭のアニバーサリーを迎えましたが、夏の間に更に入場者数を増やし、次はロッコウ(6500頭)の記念すべき頭数に向けてカウントダウンが始まっています。

 来年もまた、この自然豊かな六甲山のドッグランで皆さまにお会いできるのを楽しみにしています。愛犬と共に良いお年をお迎えください!

 

 

 《入賞者の皆様はこちら》
おめでとうございます!

 

■持ってきて大会
1位 松原政春さん&きららちゃん
2位 広瀬妙子さん&はるなちゃん
3位 藤田義嗣さん&ももうちゃん 

 DSC_0465

 

■ギャンブラー・アジリティ(ビギナークラス)
1位 福本由香子さん&りんりんちゃん
2位 増岡洋子さん&粉雪(こゆき)ちゃん
3位 渡邉純子さん&こばとちゃん

 DSC_0467 

 

■ギャンブラー・アジリティ(ノービスークラス)
1位 仲本佳和さん&チョコラちゃん
2位 前田 瞳 さん&ハルちゃん
3位 野村幹子さん&チョコちゃん

  DSC_0470

 

■ちょ~初アジ
1位 渡邉純子さん&こばとちゃん
2位 増岡洋子さん&粉雪(こゆき)ちゃん
3位 福本由香子さん&りんりんちゃん

 DSC_0471 

 

■30m走
1位 坂本恵子さん&なつちゃん
2位 広瀬 愛さん&はるなちゃん
3位 辻本万智子さん&ブリュちゃん

 DSC_0484

 

  ■持ってきて大会 飛び賞

西川次郎さん&桃太郎ちゃん
周藤亜弥子さん&七(なな)ちゃん
辻本万智子さん&ブリュちゃん

DSC_0489

 

■ギャンブラーアジリティ 飛び賞
佐藤文栄さん&ディノちゃん
福本由香子さん&小夏ちゃん

 

DSC_0494

 

■ちょ~初アジ 飛び賞
碓井基樹さん&はなびちゃん
内藤恵美さん&ピースちゃん

 

DSC_0495

 

 

■30m走 飛び賞
野村和久さん&リンちゃん
大上あおいさん&玲音(レネ)ちゃん
安達啓二さん&チップちゃん

 

DSC_0499

 

■園長賞
石井真美さん&ここなちゃん

DSC_0503