第11回 ペットとふれあいシンポジウム

『第11回 ペットとふれあいシンポジウム』 開催のお知らせ

 

主催:アメリカ・ペットフード協会(PFI)
後援:米国大使館アメリカ農産物貿易事務所(ATO)
日時:2014年12月6日(土) 13時〜17時(受付:12時40分〜)
場所:TKP大手町カンファレンスセンター 22階ホール
   東京都千代田区大手町1-8-1 KDDI大手町ビル22F
参加費:無料
定員:100名(先着順/定員になり次第締切)

 

内 容

【基調講演】
ポーリーン・ベネット先生 (ラ・トローブ大学准教授/人と動物に関する国際学会(ISAZ)会長)
「人と動物の絆の重要性 — より健やかな社会の構築におけるペットの役割」
*逐次通訳

 

【講演】
安藤 孝敏 先生(横浜国立大学 教育人間科学部大学院環境情報研究院 教授)
「高齢者とコンパニオンアニマル」

 

加隈 良枝 先生(帝京科学大学アニマルサイエンス学科 准教授)
「日本におけるペットの役割」

 

柴内 裕子 先生(赤坂動物病院 総院長)
「身近な動物との様々な場面  人の将来にどのように生かされるのでしょう」

 

【パネルディスカッション】
座長・左向 敏紀 先生(日本獣医生命科学大学 獣医学部 獣医保健看護学科臨床部門 教授/日本ペット栄養学会 理事/ペット栄養管理士認定委員会 委員長/アメリカ・ペットフード協会 顧問)

 

安藤 孝敏 先生(横浜国立大学教育人間科学部大学院環境情報研究院 教授/特定非営利活動法人 動物介在教育・療法学会理事/日本老年社会科学会機関誌 担当理事)

 

加隈 良枝 先生(帝京科学大学生命環境学部 アニマルサイエンス学科准教授 博士(農学)/ヒトと動物の関係学会評議員、獣医事審議会専門委員/前ISAZ理事(任期満了により退任))

 

柴内 裕子 先生(公益社団法人日本動物病院協会 相談役/赤坂動物病院 総院長)

 

お問い合わせ/お申込み:参加ご希望の方はこちらのサイトからお申込みください。