第十四回障害者自立支援事業 Patchの皆様の就労支援 ICAC KOBE 2014 日本語パンフレット発送完了

障害者自立支援事業

-Patchの皆様の就労支援-

ICAC キャラクターロゴ 2014 名前無し

 

ICAC KOBE 2014 「人と動物の未来の為に」日本語パンフレット挟み込み作業

 

  2014年4月25日(金)特定非営利活動法人おーけすとら・ぴっと 就労継続支援(B型)Patchの皆様により、

第3回神戸アニマルケア国際会議 – ICAC KOBE 2014 「人と動物の未来の為に」のパンフレットへの

「ご登録とご支援のお願い」の挟み込み作業が行われ、無事に大量のパンフレットが発送されました。

 

  自立支援 はさみこみ  自立支援 ぱっち 自立支援 挟み込み

 

  現場の挟み込みの作業は働いてやるんだ!という意欲にあふれ、普段と違ったお仕事に向き合ってました。

今回は4万部近い大変な作業でしたので、他で活躍されている自立支援の方々と協力することができ、

そちらでも新たな刺激となりました。

  そして、Patchさんからこんな素敵なお礼状を頂きました。

公益社団法人 Knots 様

 ICAC KOBE 2014 のパンフレットの折込み作業を委託していただき誠にありがとうございました。
 今回の作業を終えた今感じていることを書かせていただきます。

 まず、福祉事業所に通う障害者の方々にとって「働いているんだ!」という思いを感じることはとても大切です。が、実際のところ様々な事業所や施設で障害者の方々の仕事が不足している現状があります(事業所側の営業力不足でもありますが)。その反面大きな作業を受注しても 1 つの施設では手に負えず泣く泣く断っているという話もよく耳にします。

 その中、今回の Knots 様からの数万部という大量受注をいただき「これは皆に働く喜びを感じてもらえる大きなチャンスだ!」と思い今回は複数の施設、事業所で協力し作業をさせていただきました。(最下部に参加福祉事業所一覧)そうすることで、単独事業所だけで働く喜びを感じるだけでなく他の事業所と共にその喜びを分かち合うこともできただけでなく、何より今後企業や役所から大きな受注の話があった時に今まででしたら「こんなたくさんの作業私たちだけではできない…」と断っていた事業所も「あっ、あの時のような連携をすれば!」と思えるような一つのネットワークの構築もできたように思えます。
 そういった意味でも今回 Knots 様からいただいた作業は大きな役割を担ったのではと実感しました。

 最後になりましたが今回の作業をしている時の皆の表情は生き生きとしていました。朝起きて生活して事業所に来る。仕事をする。家に帰って生活して寝る。この中の「仕事をする」という時間は起きている時間の大半です。この仕事をするという時間が充実していることで生きていることをさらに楽しく感じてくれるのではないかと常々思っています。

 今回いただいた作業が利用者の方々みんなにとって「生き甲斐」と感じれたのではないかと実際みていて感じました。そのような仕事をする機会をいただき本当にありがとうございました!

特定非営利活動法人おーけすとら・ぴっと
就労継続支援(B 型)事業所 Patch
管理者 金子 一平

※以下本作業において連携して作業を実施した事業所
・社会福祉法人みくら スマイルショップ花 (神戸市長田区菅原通 4-205-1)
・NPO 法人おーけすとら・ぴっと こころわ (神戸市須磨区宝田町 3 丁目 2-3)
・NPO 法人おーけすとら・ぴっと Patch (神戸市兵庫区駅前通 4 丁目 2-13)

 

待ちに待った ICAC KOBE 2014 まであと3か月をきりました。

みなさんの頑張りに応える為にも成功させましょう。

自立支援のご協力いただいた皆様、お疲れ様でした。ありがとうございました。

 

 

 

 

第3回神戸アニマルケア国際会議 – ICAC KOBE 2014 「人と動物の未来の為に」は、

2014年7月19日(土)、20日(日)神戸ポートピアホテルにて開催されます。

参加無料です。皆様のお力で、会議を盛り上げ、また支えて下さいます様、

宜しくお願い申し上げます。