わんわんドッグフェスタ2012 ディスクドッグ教室-報告-

去る6月30日(日)、ハイパーフライトジャパンケーナインディスククラブ代表 関口行広氏を講師に迎えての「ディスクドッグ教室」が、昨年秋に続いて開催されました。
季節は梅雨まっただ中、予想通りの曇天、小雨まじりの天候…。
「どうしてKnotsは雨ばかりなんだ…」スタッフ一同肩を落とし、お互いに「あんたのせいだ!」と心の中で罵倒しながら(笑)会場を設営。

 

事前のお申し込みも、皆さん天候を見ながらだったのか少なめでしたから、「本当に参加者があるんだろうか…」とまで心配して、内心ビクビクでした。

 

そうこうしているうちに開演時間の10時になりました。予想通り、ドッグランの方も低調なスタート…。
っと、来た、来た、来ました、来てくれました~! しかも、事前に受け付けた方ではなく「当日受け付けできますか」といううれしいお言葉! その後も、参加者があつまり、午前中は5名の受講者がありました。
少な目の受講者が幸いしてか、様々なレベルの方に対して、関口先生の個人指導形式で教室が始まりました。
「こういう風にしてディスクに興味を持たせる練習をしてください」「キャッチさせるには、こういう風にしましょう」など、各人に的確なテーマが与えられ、その練習を先生が見て回り、アドバイスをする方式。その指導内容は、動物の行動学に基づいた、いわば“関口メソッド”“。参加された皆さんは「なるほど!」っと、目からうろこ状態。

 

約1時間半の講習で、それなりに上達され、今後の宿題を持って帰られました。
お昼休みを挟んでの午後の部は、天候が悪化。どんどん雨が激しくなる中、それでも5名の受講者がありました。皆さん、テントの中に退避しながらも、午前と同様、個人指導方式で、様々な課題に取り組んでおられました。ただ、最後まで雨はやむことなく、「満足な指導ができなかった」と先生は恨めしそうに、空(もしかしたらスタッフYの顔かも…)を見上げておられました。

 

次回は、10月6日(土)に開催予定です。
今回参加された方は、その成果を見せていただけることを楽しみにしています。今回参加できなかった方は、ぜひ、時間をお楽しみに!
最後に、悪天候にも負けずにご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。また、わざわざ埼玉からお越しいただいた関口先生にも、この場をお借りしてお礼申し上げます。


 

 

■春のドッグランの様子はこちら