愛犬のフィラリア予防

フィラリアについて
 フィラリアとは寄生虫の一種で蚊を媒介することにより病気を引き起こしていきます。
 雌雄のフィラリア成虫のいる犬の体内では、交尾することによりミクロフィラリアと呼ばれる幼虫が生まれ、血液中に乗って成長しながら蚊に吸われるのを待っています。それまでに、蚊に吸われることが無いと2年位で死んでしまいます。蚊に吸われることにより成長していけるのです。
 蚊の体内で成長したフィラリアの幼虫は、その蚊がまた未感染の犬を刺すと、傷口から皮膚を介して入り込みます。そしてさらに成長しながらやがては心臓や肺・動脈に移動してしまい犬に死に係わるような症状をもたらすのです。フィラリアに寄生された犬は、例えば、食欲が低下したり、少し歩いただけで呼吸困難・貧血気味になりやすく、末期になると腹水がたまったりしてきます。

フィラリア予防薬
 しかし、現在の獣医療ではミクロフィラリアを発見する血液検査があります。例えミクロフィラリアが存在していても治療をすれば改善される事もあり、罹る前に予防が出来るようにもなりました。 予防薬には、月に一度飲むタイプのものや、一回の注射で半年間効果のある薬も出てきています。そのお薬は、動物病院で血液検査をしたのち、犬の体重に合わせて処方されます。

フィラリアの予防
 犬を飼っていらっしゃる方は、愛犬のために是非予防してあげましょう。
 一月に一度飲ませるタイプの予防薬の場合は、犬の体内に入って1ヵ月後くらいの幼虫に効果があるので、蚊が出始める5月から12月ぐらいまで、1ヶ月間隔で行う必要があります。
 特に大切なのは最後に飲ませる薬の時期です。最後の薬の後にミクロフィラリアを持っている蚊に刺されると翌年予防薬を飲ませるまでにフィラリアが育ってしまいますので注意しましょう。
 また動物病院へ行かれるときは、健康診断がてら便を持っていくとその他腸内寄生虫の早期発見にもつながります。