ドッグラン2011 -春- 報告

■場所:六甲山カンツリーハウス内特設会場
■主催:六甲山カンツリーハウス
■運営協力:公益社団法人Knots

 

 

 広大な敷地と緑あふれるドッグランとしてリピーターが多い六甲山カンツリーハウスでの「ドッグラン2011・春」が、4月16日(土)〜6月19日(日)までの土・日・祝日に開催されました。このドッグランは、六甲山の山頂というロケーションのためとても空気が澄んでいて、ワンちゃんも飼い主さんも都会から離れてゆっくり一日を過ごす事が出来ます。

  公益社団法人Knotsが運営の協力をしているこのランには、飼い主さんと犬たちが安心して遊べるように、開催日には必ず選任のトレーナーとワンちゃんの脱走防止のための扉の開閉スタッフが複数常駐しています。不特定多数の犬たちがいるドッグランの全体を見渡し、トラブルが無いように配慮が出来る監視員がいるということは、初めて犬を連れて来る飼い主さんにはとても安心です。最初はおっかなびっくりで他の犬に近寄って行ったドッグラン・デビュー犬も、数十分後には飼い主さん共々すっかり周囲に打ち解け、すぐに犬同士、人間同士の新たなコミュニティが誕生するのがとても印象的です。

 

 

 
 こうしたコミュニティを生み出すために、同じ犬種同士のワンちゃんが通常料金の半額で参加することが出来る「ラッキーWANデー」も開催。「コーギーの日」「チワワの日」など、広いランの中に同じ犬種がたくさん集まっている光景は見応えがあります。また、この春からは犬種別に加えて、同じ地域在住の飼い主さんが集まることが出来るように「神戸市在住」や「西宮市在住のワンちゃんの日」という設定も追加しました。これらのシステムがきっかけで、同じ地域で新たな犬友達が誕生するのはとても素敵な事ですね。9月17日から始まる秋のドッグランの季節にも、この場所にお友達同士でご参加して頂けるのをスタッフ一同楽しみにしております。