<2009年度 りぶ・らぶ・あにまるず賞 グランプリ決定>

<2009年度 りぶ・らぶ・あにまるず賞 グランプリ決定>

「FinePix F80EXR」 富士フイルム株式会社

 

審査員のコメント

■ヒトと動物の関係学会常任理事 横山章光氏
(帝京科学大学生命環境学部 アニマルサイエンス学科教授 精神科医)

・FinePix F80EXR」 富士フイルム株式会社 を選出  
(推薦理由)
ペットを飼っている人は、その思い出を写真として残したいと思う人が多いようです。
しかし、ペットは案外に被写体になってくれません。
そこをうまくついた、面白い発想だと考えました。
また、ペットがこういう購買層を生み出すということにも、驚きました。

■ペットウェル編集部 編集長 斉藤則子氏



・「愛犬同伴で出社」 マースジャパンリミテッド を選出
<推薦コメント>
「ペットと人との共生」をビジョンに掲げる企業はたくさんありますが、それを単なるお題目で終わらせず、社内システムとしてきちんと形にしているところが素晴らしいと思います。
愛犬と一緒に出社できるだけでも夢のような制度ですが、職場で誰もが動物に触れられる環境にあることは、ペット関連業界に携わる人として、つねに飼い主目線に立って仕事を発想できるメリットもあるのではないでしょうか。
そこから、ペットにも飼い主さんにも優しい商品が生み出されることを期待しています。

■どうぶつ写真家 児玉小枝氏



・「愛犬同伴で出社」 マースジャパンリミテッド を選出
愛犬同伴での出社が可能。
しかもペットタクシー費用まで会社が負担とは、恐れ入りました!
犬と暮らし始めたはいいけれど、家族は昼間みんな学校や仕事…。親愛なる家族といつも一緒に行動したいはずのワンちゃんなのに、毎日ひとりぼっちでお留守番…。そんな家庭が多くあると聞き、きっと淋しいし退屈だろうなぁ…と心を痛めていましたが、マースジャパンリミテッドに勤めるお父さんやお母さんを持ったワンちゃんは、幸せものですね。
また、一緒に出勤するご家族も、愛するワンちゃんがそばにいてくれたら仕事のモチベーションも上がり、一石二鳥では?
こんな心温まる会社がもっともっと増えてほしいなぁと思いました。

■関東信越厚生局長(国)所管 厚生労働大臣指定法人 社会福祉法人 日本聴導犬協会 会長 有馬もと氏



・「FinePix F80EXR」 富士フイルム株式会社 を選出
コメント:いいつくされているように、ペットは家族の時代です。
アルバムに刻まれるペットの子達の思い出は、ひとつひとつが私たちにとって宝物です。
愛しているペットたちの「シャッターチャンスを逃したくない」と、願う心は痛いほどわかります。
だからこそ、待ってました。「ペットオートシャッター」発売。楽しみです。

その他の部門賞に関するコメント

「WiMAX入ってるシリーズ」 UQコミュニケーションズ株式会社

コメント:犬や猫をCMに起用してくれることで、動物たちにも気持ちや楽しい
出来事があるのだと理解してもらえるきっかけになればと思います。 犬好き、
猫好きの中にも、動物側からの思いや気持ちを察しない方や「犬に気持ちがある
の?」などと、おっしゃる愛犬家にも出会います。もっともっ と、動物とのコ
ミニュケーションができる時代がくるように、楽しく、親しみのあるCMにペット
を起用し、動物愛護につなげてほしいと願います。

「愛犬同伴で出社」 マースジャパンリミテッド

コメント:愛犬家には、夢の会社ですね。(福)日本聴導犬協会でもスタッフの愛犬は同伴可です。職場でも、愛犬の顔を見たり、休み時間に散歩ができたりと、和む、捗るプラス、仕事のやりがいやいきがいにもなっているようです。ただ、当会との違いは、ペットタクシーの費用も会社持ちという点は、マネできません。人間性の高い、うらやましい~仕事環境の創造ですね。こんな会社で働きたいな!

【総評】 公益社団法人Knots 理事長 冨永佳与子

今年10周年を迎えたNPO法人Knots。「人と動物の幸せの為に力を尽くして下さる方々に感謝の気持ちを示そうよ」と、皆さんと一緒に感謝してきたこの「りぶ・らぶ・あにまるず賞」も、大切な活動の柱として育てて頂いております。

特に最近では、伴侶動物に対して、家族の一員としての概念が定着し、「より楽しく一緒に居られる為に」という潮流が、益々強くなるようです。社会が温かく迎え入れて下さる気持ちが強くなればなるほど、迎え入れて頂く側の飼い主さんも、どうすればより良い形で受け入れて頂けるのか、力を尽くして下さる方々のお気持ちに応えられるような工夫をしていかねばならないと思います。
また、企業の皆様には、そこに、新たなビジネスチャンスもあるのではないでしょうか?この潮流を、ただ流れるに任せるのではなく、日本ならではの社会文化として熟成させていくことが、次の時代を創ることに繋がると思います。
2010年11月、Knotsは、公益社団法人としての新たな一歩を踏み出すことになりました。もちろん、この「りぶ・らぶ・あにまるず賞」も、大切な活動の柱として、Knotsらしく、皆様とご一緒に、感謝の気持ちを示す場を、盛り上げていきたいと思います。

部門賞

◇ 企業賞品部門賞 「FinePix F80EXR」 富士フイルム株式会社

推薦文:ネットのニュースで見つけたペット自動検出機能が付いたコンパクトデジカメ、ペットが正面を向くとシャッターが切れる「ペットオートシャッター」機能付きの優れものです。
まだ、発表だけで販売はされていないようですが、楽しみにしています。

◇ 企業CM部門賞 「WiMAX入ってるシリーズ」 UQコミュニケーションズ株式会社
推薦文: 猫が缶ビールの空き箱に飛び込んだり、プラスチックのケースの中に入ったり、
ワンコがビリヤードをするCMです。
いずれも期待通りの動物たちの動きに何度みても「にんまり」してしまいます。
インパクトがありながら、面白さと一緒に心がホワンと温かくなる楽しいCMです。
今年度一押し!!

◇企業活動部門賞

「愛犬同伴で出社」 マースジャパンリミテッド
推薦文: マースジャパンリミテッドでは、自分の愛犬との同伴出社が可能とのこと、
「うちの子、大きくて電車には乗れない・・・」という人も大丈夫。
ペットタクシーの費用も出して頂けるそうです!
愛犬がそばにいると安心して仕事に打ち込めそうですね。
それにとっても和めそう・・・。
仕事の効率が落ちることはないそうです。むしろ、捗るとか・・。

その他のノミネート一覧

<企業活動部門>

◆「イソヒヨドリの巣立ちを見守る」 JAL 鹿児島店   
以前にニュースで見たのですが、鹿児島空港にある普段あまり使っていない
JALのタラップの中に野鳥のイソヒヨドリが巣を作って卵を産んだそうです。
JALでは雛が巣立つ までそのまま見守ったとのこと。
考えてみれば、これほど安全な子育てはないかも知 れません。
何だかほんわりと温かくなるお話しでした。

◆「ウミガメの悠ちゃん義肢プロジェクト 川村義肢(株)の挑戦」川村義肢株式会社
悠ちゃんはサメに襲われた為、両前肢がありません。
普通だったら生きていけないのですが、運良く人間に助けられ、
今は悠ちゃんのために、
人工ヒレを開発する為のプロジェクトが立ち上げられました。
おりしも100年に一度の大不況が重なり、なかなか人工ヒレの開発、
製造を引き受けてくれる企業が見つからなかったそうですが、
川村義肢さんが名乗りをあげられたとのこと。
現在、試作を繰り返されているそうです。
人々の努力と想いが通じて、悠ちゃんがいつか、海に帰る日が
来ることを願ってやみません。

 
 『エースJTB』ペットと泊まれるお宿ペア宿泊券プレゼントは、ノミネート下さいましたKさんに決定致しました!

商品提供:株式会社ジェイティービー西日本国内商品事業部