第2回神戸アニマルケア国際会議2012

第2回神戸アニマルケア国際会議2012 「その医療と健康管理」 人も動物の幸せになるために、大切なことはなんでしょう。

開催日:2012年2月18日(土)・19日(日)
開催場所:神戸ポートピアホテル
(国際会議・レセプション)
登録料:無料
参加お申込みフォームへ

主催:NPO法人Knots
アドバイザー:植村興氏(四條畷学園大学教授)/
柴内裕子氏(公益社団法人 日本動物病院福祉協会 顧問、赤坂動物病院院長)/
玉井公宏氏(社団法人 和歌山県獣医師会会長)/
山口千津子氏(社団法人 日本動物福祉協会・獣医師調査員)/
山﨑恵子氏(ペット研究会「互」主宰)
特別協賛:

目的

この会議は、阪神・淡路大震災15周年を契機に、全ての動物を対象とし、そのより良いケアや生息環境の保全を目指すための情報交換・新技術の創出等を議論することにより、人を含む世界中の動物の福祉を向上させ、以って、我々人間が果たしうる責任を広く社会に示し、幸福な人と動物との共生を更に前進させることを目的とする。

第2回テーマと開催趣旨

2010年、日本では産業動物の口蹄疫が大きな社会問題となっている。人々の生活に深い関わりを持つ彼らの健康管理が如何に社会に影響を及ぼすかを身を以て実感することとなった。人と動物の共通感染症においても、昨今のSARSやインフルエンザの蔓延からも分かるように、人と動物の双方における危機管理の重要性が再認識されている。

また、発症後の対策と共に必要なのは感染症の発症を未然に防ぐことである。感染症に負けない高い免疫力を培う為の、日常の健康管理の問題が浮かび上がって来る。

そこで、第2回会議では、アニマルケアの基本である医療と健康管理にフォーカスし、情報交換、発信を行うことで人及び動物が幸せに共生できる社会の構築を図ることに寄与する。

開催趣旨

プログラム

日 時 内 容 主 催 指定支援企業
2月18日(土)
10:00〜13:00 開会式、基調講演 事務局  
14:30〜17:30 ワークショップ I 「人と動物の共通感染症」(仮) 事務局(予定)  
ワークショップ II 「動物介在活動の症例報告」 (公社)日本動物病院福祉協会  
ワークショップ III 「シェルター・メディシン」(仮) (社)日本動物福祉協会(予定) マース ジャパン リミテッド(ご依頼中)
2月19日(日)
10:00〜13:00 ワークショップ IV 「高齢犬の栄養学」(仮) 事務局
ワークショップ V  「One World One Health」(仮) 日本野生動物医学会  
ワークショップ VI 「展示動物の健康管理」(仮)    
14:30〜17:30 ワークショップ VII 「多様な対応が求められる動物医療」 (社)日本獣医師会  
ワークショップ VIII 「産業動物の感染症対策」(仮) 事務局  
ワークショップ IX  「繁殖について」(仮)    
17:30〜18:00 閉会式