第8回りぶ・らぶ・あにまるずシンポジウム2008 「動物看護士の役割について」

■日時: 2008年7月13日(日)13:00~15:30
■会場: 学校法人 神戸学園 神戸動植物環境専門学校10F ジュリアホール
■主催: NPO法人 Knots
■協力: 学校法人 神戸学園 神戸動植物環境専門学校
日本動物看護学会
■対象: 動物看護師・学生・一般他
■目的:  少子高齢化が進む中、ペットは今や家族の一員、共に生きるパートナーとしてその地位を確立しつつあります。 
飼い主は大切なパートナーの健康管理に日々心を砕いており、中でも獣医療への期待は予防医学を含め益々高まっております。
そのような状況の中、獣医療の現場で獣医師と並び、飼い主とコミュニケーションを取り、日々の食餌管理や飼い方指導などに携わる動物看護師の役割も大変重要となってきていると思われます。
そこで、飼い主やペットにとって、満足度の高い動物看護師とはどうあるべきなのか。
今後どのような役割が動物看護師に求められるのか。
動物看護師の新たな役割について考察し、人と動物が共生できるより良い環境づくりの一助とします。
■特別協賛:
■助成 財団法人 中内力コンベンション振興財団
■後援: 環境省/兵庫県/神戸市/
兵庫県教育委員会/神戸市教育委員会/
(社)日本獣医師会/(社)兵庫県獣医師会/(社)神戸市獣医師会/
(財)日本動物愛護協会/(社)日本動物保護管理協会/
(社)日本動物福祉協会/(社)日本愛玩動物協会/
(社)日本動物病院福祉協会
■内容:

◎座長 植村 興氏 (四條畷学園大学教授)

  ●基調講演 (30分)
  ◎玉井公宏氏 ((社) 和歌山県獣医師会 会長)
    『動物看護職に期待すること』

●情報提供 (各20分)
  ◎﨑山法子氏 (王寺動物病院 取締役 動物看護師主任)
    『動物看護師のこれから』   
  ◎富永良子氏(ネオ・ベッツVRセンター 動物看護士長)
    『動物看護士の役割』

●パネル・ディスカッション及び質疑応答(1時間)
  ◎パネリスト
    ・玉井公宏氏  
    ・﨑山法子氏
    ・富永良子氏